逆引きCommon Lisp書式


書式の指針を以下に示します。 絶対に従わなければならないというものではありません。 多少間違っていても、他の人が直してくれるので大丈夫です。

文体

ですます調で書きましょう。文章の終わりを気をつければ十分です。

戻り値の書き方

次の行に「;=> 」に続けて書きます。 もしくは一覧性を考慮しS式と同一行に書きます。
例)

(+ 1 1)
;=> 2

(+ 1 1)  ;=> 2

多値の書き方

一つ目の戻り値を次の行に「;=> 」に続けて書きます。 以降の戻り値は一つ目の戻り値と桁を揃えて書きます。
例)

(values 1 2)
;=> 1
;   2

戻り値無しの書き方

「;=> 」に続けて斜体で「No value」と書きます。
例)

(values)
;=> No value

標準出力の書き方

「;-> 」に続けて書きます。 複数行の場合は一行目に桁を揃えます。 戻り値よりも先に書きます。
例)

(format t "~@{~D~%~}" 1 2 3)
;-> 1
;   2
;   3
;=> NIL